日曜日、月22、2022

「地獄」へようこそ:蒸気のベールに包まれた街

Magazineに珍しい場所「地獄」へようこそ:蒸気のベールに包まれた街

日本の別府市は、3,000日に約130,000万トンの温水を放出するXNUMXの温泉のため、常に蒸気のベールに包まれています。

その原因は、市内から1,592キロ離れた高さ約96メートルの日本最大の活火山阿蘇山です。

地獄へようこそ蒸気のベールに包まれた街

- 広告 ​​-

別府は世界一多くの温泉がある場所であり、XNUMXつの最大の地熱温泉は水泳には暑すぎるため、「別府のXNUMXつの地獄の入り口」と呼ばれることがよくあります。

「Morx'sHell」には熱い青い水があります。 「ShavedHead」は摂氏95度のマッドピットで、「HellMountain」もマッドピットですが、摂氏90度です。 「調理鍋」には、沸点まで80℃の温度の異なる色の95本の棒が含まれています。 「悪魔の山」または「ワニの地獄」は気温がわずかに低く、ワニの成長に適しています。 気温XNUMX℃の「ベラバラ」周辺には、美しく手入れされた庭園があります。 「血の池」は赤、「地獄のパイプ」は観光客を楽しませてくれる沸騰したお湯の間欠泉です。

この「地獄の街」への訪問者は温泉を浴びることができますが、これらの温泉からの温水は家や企業にもパイプで送られます。

一番人気