土曜日、5月14、2022

観光地としてのモロッコ

Magazineに観光地観光地としてのモロッコ

アフリカのXNUMXつの王国の中で最大かつ最も有名なモロッコは、社会的および自然のコントラストが非常にはっきりしていて、また珍しい美しさを持つ国です。 観光客をターゲットにすると、何よりも帝国都市です。

ヨーロッパ本土からわずか15kmの幅のジブラルタル海峡から隔てられた、アフリカの4,000つの王国の中で最大かつ最もよく知られている国は、自然と社会のコントラストが非常に厳しい国です。 同じ国境内には肥沃な平原、アトラスの高さ3,000 m以上の山頂、サハラの広大な広がりの真ん中にある緑のオアシス、大西洋のほぼ500kmと地中海の海岸線のXNUMXkm、そしてモロッコが「アフリカのスイス」と呼ばれる高山の風景を不思議に思い起こさせる中部アトラス。

観光地としてのモロッコ

- 広告 ​​-

非常に裕福で非常に貧しい人々が同じ信仰で団結して同じ地域に住んでおり、国の若くて進取的な王ムハンマド350世と彼の有名な祖先、アラウィー朝の支配者の共同指導者はXNUMX年以上にわたってモロッコの王位に就いています。 普通の人々、親切、率直、そして親切は、今日、大胆不敵な中世の戦士や征服者としての評判を得た兵士として生まれたモロッコ人の根深い考えを表していないが、最近、戦い続ける反逆者として確認されていることは否定できないフランスの植民地部門とスペインのモロッコ軍団の仲間の勇敢な戦闘機としての占領当局。 コスモポリタンなカサブランカに加えて、その名前がロマンチックな連想を呼び起こす最も美しいアフリカの港のXNUMXつは、ラバト、フェス、マラケシュ、メクネスの古代帝国都市のこの興味深く多様な土地を訪れるための避けられない場所です。過去は常に、XNUMXつの主要なモロッコ王朝のいくつかの黄金時代と一致しています。

観光地としてのモロッコ

何を見ますか? カサブランカモハメッド17世広場と国連、聖母教会、壮大な新しいモスクハッサン200世、海辺の遊歩道、近隣のアインディアブ。 ラバトフランス人は世紀の初めに国の行政の中心地としてそれを選び、フランスの都市の伝統の中で広場、公園、建物でそれを飾りました。 モハメッド300,000世の壮大な霊廟、ハッサン塔のアラビア語の遺跡、王宮のある外交地区メシュアル、バブルアの古い門があります。 11世紀にヴェルサイユをモデルにした支配者ムーレイイスマイルと彼のロールモデルであったルイ70世の建設プロジェクトによって装飾された帝国都市メクネス。 参照:エルヘディム中央広場、長さ約XNUMX m、バブアルマンスール門、モロッコで最も美しい城門、大きなモスク…フェスは帝国都市の中で最も古く、XNUMX世紀以上は最強の中心地のXNUMXつです。精神性とイスラム世界全体の教えの。 数百年前に時間が止まったようで、XNUMX平方キロメートルでXNUMX万人の商人、職人、ヒーラー、書記官、売り手、芸能人が経営するバザールを必然的に歩きます。 XNUMX世紀に建てられた、高アトラスの麓にある奇跡の都市マラケシュは、モロッコのかつての首都です。XNUMX世紀に建てられた、高さXNUMXメートルのミナレットLa Koutoubiaのある大きなモスク、タンクメナラ、バイア宮殿、 El Badi、墓Sa'adita、Market Jeema el Fnaa、モロッコで最も美しい。

一番人気