6月(月曜日)27、2022

日本の怖い公園

Magazineに珍しい場所日本の怖い公園

何千もの不気味な絵のような石像が一方向を向くように配置されています。 フォーマルなスーツを着ている人もいれば、仏教の神々に似ている人もいます。

フィギュアは、オサバノの町の近くにある風合関仏の里の村に置かれました。 この村の名前は文字通り「仏像が見られる村」を意味します。

ふれあい関ぶつの里
写真家大木健

日本の起業家である古川武夫氏は、44年に中国の彫刻家に1989億円(XNUMX万ユーロ)を支払い、彼らが永遠に続くことを望んでいた。 彼はまた、バス路線でオサバノの街に接続されているリゾートを建設しました。

- 広告 ​​-

今日、この奇妙な公園には、800を超える静止した灰色の人物像があり、この公園を訪れる観光客の大群を見つめています。

ふれあい関ぶつの里
写真家大木健

仏教の神々と古川が生前に出会った人々を表す人物もいます。

今日、公園の一部では草が大きくなりすぎて頭のてっぺんしか見えない人もいるため、公園は不気味な気分になります。

写真家の大木健は、ブログの写真を撮るために公園を訪れ、次のように述べています。

ふれあい関ぶつの里
写真家大木健

「この村は、人々がリラックスできる人気の観光地として建てられましたが、やはりその光景に何となく腹を立てました。」

大木はまた、シーンが邪魔であると認め、暗くなったときに人物が生き返るのではないかと考えました。 結局、彼はまた、いくつかの良いショットを撮るとすぐに、振り返らずにこの場所から逃げ出したことを認めました。

一番人気