2009年5 18、2022

かつてはとても賑やかだった廃墟の場所

Magazineに珍しい場所かつてはとても賑やかだった廃墟の場所

彼らはかつては全力で生活し、働いていましたが、今日では多かれ少なかれ自然の形をしています。 これらは、別の時代の思い出に過ぎないXNUMXつの廃墟となった建物です…

ミシガン中央駅

ミシガン中央駅-かつては非常に活気があった廃墟の場所

ミシガン州デトロイトのアメリカの都市の主要駅。ここ数年、住民はそこから逃げてきました。 この美しい建物は、1912年に建てられたとき、この種の建物の中で最も高く、最大でした。ウォーレン、ウェットモア、リード、スターンがその建設を担当しています。 残念ながら、建物は1988年以来故障しています。

軍艦島

- 広告 ​​-

群島-かつてはとても賑やかだった廃墟

前世紀の70年代まで、この日本の島にはXNUMX万人以上の人々が住んでいました。 かつては技術大手の三菱が所有していた採炭場がありましたが、廃墟となったため、同じ運命をたどりました。

奈良ドリームランド

奈良ドリームランド-かつてはとても賑やかだった廃墟の場所日本人は何かを作り、使い、捨てる習慣があるようです。 奈良のドリームランド、ディズニーランドの日本語版に起こった。 XNUMX年前に閉店しましたが、カルーセル、ゲーム、土産物店はすべて残っています。

マウンセル砦

マンセル要塞-かつては非常に活気があった廃墟の場所これらの未来的な要塞は、第二次世界大戦でのドイツの空襲から身を守ることを目的として、ほぼ80年前にテムズ川の河口に建設されました。 1956年に廃墟となった後、しばらくの間ラジオ放送に使用されていましたが、現在はかつての記念碑に過ぎません。

コルマンスコップ

コールマンスコップ-かつては非常に活気があった廃墟の場所

コールマンスコップはかつてダイヤモンドが採掘された先進都市でした。 最初はアフリカで路面電車を利用しましたが、その衰退は1950年に始まり、その中のすべてのダイヤモンドが採掘されました。 今日、ナミブ砂漠の砂が街を支配しています。

一番人気