火曜日、5月17、2022

16杯の飲み物で新年の夜のために世界中を旅する

Magazineに旅行のヒント16杯の飲み物で新年の夜のために世界中を旅する

ここでは、深夜に世界中を旅し、特定の地域で最も人気のある飲み物をいくつか飲みます。

12.00h:ニュージーランドの真夜中

キリバス、ヌクアロファ、アピア、ネイアフ。 ここではアールグレイティーが入った「YistibojsGunamata」などの美味しいビールが生産されているので、ぜひお試しください。

- 広告 ​​-

13.00:チュクチ自治区の真夜中

飲み物で乾杯したいなら、今がその時です。 もちろんウォッカは避けられません。

15.00:シドニーの真夜中

オーストラリア人は真夜中にアルコールで暖かい太陽から休憩します、そしてコーヒーリキュールが推薦されます。

16.00:日本の真夜中

日本人には、酩酊のXNUMXつの用語があります。幸せな酩酊–「わらいよご」、悲しい酩酊–「なきヨガ」、怒った酩酊–「ここりよご」、眠そうな酔い–「wakemeupbeforyouよご」です。 お酒を飲んで、このお酒を楽しんでください。

- 広告 ​​-

16.00:韓国の真夜中

 焼酎はここで消費されます。

17.00:北京の真夜中

多くの中国人は、世界で最も売れているビール(市場シェア5.4%)である国産ビール「スノー」で新しい暦年を祝います。アルコールが好きでない場合は、ジャスミン茶を飲んでください。

19.30:インドの真夜中

サンスクリット語の古いテキストは、色とりどりのボウルに分配され、新婚夫婦を聖化するのに役立ったミードであるマドゥルプルナに言及しています。 ここで試してみてください。

21h:中東の真夜中

これは、アルコールがないためにほとんど起こらない「乾燥した」地域です。休憩して、ミルクをXNUMX杯飲んでください。 または「シェイク」。

23時間:中央ヨーロッパの真夜中

さて、ここには幅広い選択肢があります。 旧大陸の一部がすでに祝っている間に、ドイツのケルンビール「ケルン」またはおいしいベルギーの「トラピストビール」を試してみてください。 スペインのリオハ、フランスのアブサン、ベルモットもあり、フランス、イタリア、ドイツで飲まれています。

01h:イギリス

彼らが印象を集める間、イギリス人はジンマティーニを飲みます。 ジンは長い間英国との最も重要な関係のXNUMXつであり、ジンの主成分であるジュニパーはヨーロッパ大陸から来ていることに注意するのは興味深いことです。

02h:グリーンランドの真夜中

古いイヌイットは、水に残された死んだ鳥からの発酵飲料である「カモメのワイン」を飲んだと思われます。

04h:リオの真夜中

ここではとうもろこしがたくさん栽培されているため、この植物はアルコール飲料の基礎となっています。 最初にそれを発酵させ、次にお粥とカイピリンを蒸留によってそれから抽出した。

05h:チリの真夜中

避けられない推奨事項のXNUMXつはマルベックですが、寝る時間なので、このタイプのワインを飲むことを真剣に検討する必要があります。

06h:ニューヨークとハバナの真夜中

今年はいつものように、アメリカ人はウイスキー、バーボン、スコッチに砂糖と苦味を加えた「オールドファッション」カクテルを飲みます。 もう少し南に行くと、モヒート、ピニャコラーダ、キューバリブレなどの伝説的なキューバカクテルが飲まれます。

07h:メキシコシティの真夜中

メキシコ人が乾杯している間、リュウゼツランから作られたアルコール飲料であるメスカルを飲むことができます。

08h:パーティーや飲酒をやめる時が来た 

一番人気