6月の金曜日、24、2022

ベネズエラの文化

南アメリカベネズエラベネズエラの文化

次を読む

ベネズエラの文化は、先住民、アフリカ、スペインのXNUMXつの異なる家族で主に構成されるるつぼです。 最初のXNUMXつの文明は、部族に基づいてさらに細分化されました。 文化的シンクレティズムの特徴である文化変容と同化は、自然環境による大きな変化にもかかわらず、多くの点でラテンアメリカの他の地域と類似している現在のベネズエラ文化をもたらしました。

先住民族の影響は、いくつかの語彙や美食の用語、および多数の地名に限定されています。 アフリカの影響は、ドラムなどの楽器にも見られることがあります。 スペインの影響は強く(植民地化プロセスとそれが確立した社会経済システムのおかげで)、植民地時代のカリブ海の大多数の移民の起源であったアンダルシアとエストレマドゥーラの地域から主にもたらされました。 建物、音楽、カトリック信仰、そして言語はすべてこの例です。

闘牛と料理のいくつかの側面は、スペイン文化の影響を強く受けています。 XNUMX世紀、ベネズエラは、特にフランスからのインドとヨーロッパの遺産のさまざまな流れによってさらに強化されました。 最新の段階では、アメリカの起源の油と新しいスペイン、イタリア、ポルトガルの移民の兆候が、主要な都市や地域のすでに多様な文化的モザイクに追加されています。 たとえば、野球の味、米国スタイルのファーストフード、現代建築プロジェクトの影響はすべて米国にまでさかのぼることができます。

アート

宗教的なテーマは、最初はベネズエラの芸術を支配していました。 しかし、芸術家たちは、XNUMX世紀後半に国の自由のための戦いの歴史的で英雄的な描写を強調し始めました。 Martn Tovar y Tovarは、この動きの背後にある原動力でした。 XNUMX世紀には、モダニズムが支配しました。 アルトゥーロミチェーナ、クリストバルロジャス、アルマンドレヴェロン、マヌエルカブレ、キネティックアーティストのジェスソト、ジェゴ、カルロスクルスデズ、現代アーティストのマリソルとユセフメリがベネズエラの著名なアーティストです。

音楽鑑賞に

ベネズエラ固有の音楽の伝統は、アンサンブルUnSóloPuebloとSerenataGuayanesaによって表されます。 クアトロは国の楽器です。 Alma Llanera(PedroElasGutiérrezとRafael Bolvar Coronadoによる)、Florentino y el diablo(Alberto Arvelo Torrealbaによる)、Concierto en la llanura(Juan Vicente Torrealbaによる)、Caballo Viejo(SimónDazによる)は、典型的な音楽スタイルの例です。ラノス地方とその周辺で出現した作品。

ズリアンガイタは、通常クリスマスの頃に行われるもう2007つの有名なスタイルです。 ホローポは国民舞踊です。 ベネズエラは、カリプソ、バンブコ、フラ、カントスデピラドデマズ、カントスデラバンデラス、セブカン、マレマーレなどの音楽ジャンルとダンスの豊かさと多様性によって示されるように、長い間文化のるつぼでした。 テレサ・カレオは、世界的に有名なXNUMX世紀のピアノの名手でした。 クラシック音楽は、近年、いくつかの優れた演奏を見てきました。 グスターボ・ドゥダメルとホセ・アントニオ・アブレウが率いるシモン・ボルバー青年オーケストラは、ヨーロッパのさまざまな音楽会場、特にXNUMX年のロンドンプロムスで数々の傑出した演奏を行い、多くの賞を受賞しています。 オーケストラは、現在他の国で複製されている公的資金によるボランティア部門の音楽教育イニシアチブであるエルシステマの頂点を表しています。

4世紀初頭、「Movida Acstica Urbana」として知られる運動には、独自の曲を書きながら古い楽器を使用して、特定の国の伝統を守ろうとする芸術家が含まれていました。 Tambor Urbano、Los Sinverguenzas、CXNUMXTrio、およびOrozco Jamは、この伝統のグループの例です。

「黒人の聖人」サンファンとサンベニートの祭りは、アフロベネズエラの音楽の伝統と最も密接に関連しています。 特定の歌は、聖人が毎年恒例のパセオを始めるとき、お祝いと行列のさまざまな段階に関連付けられています–散歩–村を歩き、人々と踊ります。

料理

この地域で最も多様なベネズエラ料理は、国の気候の違いと共存する民族を反映しています。 ハヤカ、パベヨンクリオーロ、アレパ、ピスカアンディーナ、タルカルデチボ、ジャレアデマンゴー、揚げカミグアナなどがあります。

美人コンテスト

ベネズエラは、これまでに22回のチャンピオンシップを獲得した有名な美人コンテストのクリエーターであるオスメルスーザが率いる、世界的な美人コンテストでの幻想的な成功でよく知られています。 さらに、ミスベネズエラは、ベネズエラの美人コンテストが主流のページェントの標準と見なされることが多い他の競合国だけでなく、全国で非常に期待されているイベントです。

ベネズエラは合計で次のタイトルを獲得しています。

  • セブン—ミスユニバースの王冠。
  • XNUMX —ミスワールドの王冠。
  • セブン—ミスインターナショナルの王冠。
  • XNUMXつ—ミスアースの王冠。 

グローバルビューティーズのウェブサイトによると、ベネズエラは最も国際的なページェントクラウンを持つ国です。 また、ダイアナメンドーザ、ベネズエラのミスユニバース2008、同じくベネズエラのステファニアフェルナンデス、ミスユニバース2009としてギネス世界記録を達成し、この大会の50年の歴史の中で国がタイトルを獲得したのは初めてのことです。 XNUMX年連続。

アーキテクチャ

Carlos Ral Villanuevaは、ベネズエラで最も重要な近代建築家でした。 彼はベネズエラ中央大学(世界遺産)とそのオーラマグナを建設しました。 カピトーリオ、バラルト劇場、テレサカレオ文化コンプレックス、および一般的なラファエルウルダネタ橋は、他の注目すべき建築上の成果です。

ベネズエラへの旅行方法

予防接種ベネズエラに旅行する前に、いくつかの航空会社は顧客に有効な黄熱病予防接種証明書を提示することを要求しています。 これは正式な入場要件ではありませんが、CDCは、「北海岸を訪れる人を除く、XNUMXか月以上のベネズエラへのすべての訪問者に黄熱ワクチンを推奨しています。カラカスと...

ベネズエラを旅する方法

ベネズエラを訪れる旅行者は身分証明書を携帯する必要があります。 多くのルートに軍の検問所があるので、車やバスで旅行している場合はパスポートにアクセスできるようにしてください。 できれば、パスポートのカラーコピーを携帯してください。 パスポートが盗まれた場合、地元の領事館との取引が容易になります。 軍事的...

ベネズエラのビザとパスポートの要件

次の国の市民は、観光上の理由で最大90日間ベネズエラを訪問するためにビザを必要としません(代わりに観光カードが与えられます):アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バルバドス、ベルギー、ベリーズ、ブラジル、ブルガリア、カナダ、チリ、コスタリカ、デンマーク、ドミニカ、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、グレナダ、香港、..

ベネズエラの目的地

ベネズエラアンデスの地域メリダ、タチラ、トルヒーリョの各州を含むこの地域は、山岳地帯で美しい地域です。 カリブ海の島々約600の島または小さな地層があるため、ここには最高のビーチの多くがあります。 Centralカラカスと近隣のベッドタウンであるミランダとバルガスから州へ...

ベネズエラの宿泊施設とホテル

カラカスにはまともな種類の5つ星ホテルがありますが、通常は高価です。 ベネズエラの他の観光地では、ポサダ(ゲストハウスまたはベッド&ブレックファースト)が一般的に最良の選択であり、それぞれが独自のセンスを持ち、通常は必要に応じて朝食または夕食を提供します。 価格...

ベネズエラの食べ物と飲み物

ベネズエラのアレパの食べ物は、厚いトウモロコシのトルティーヤが割られ、さまざまな材料で満たされている、古典的なベネズエラの食事です。 「レイナペピアダ」(アボカド入りチキンサラダ)と「ドミノ」は、最もよく知られているバリエーション(黒豆と白チーズの細切り)です。 ハヤカ(ベネズエラのネイティブタマレ、...

ベネズエラのお金と買い物

Money Venezuelaの通貨は、1年2008月1日に以前のボリバルを1:1000BsFから2003古いBsの為替レートで置き換えたBolivarFuerte(BsF)です。 XNUMX年以降、厳格な通貨制限が実施されているため、ボリバルは国内または国外で容易に転換できません。公式レートは...

ベネズエラのフェスティバル&ホリデー

休日1月14日:正月12月20日:神の牧師の饗宴21月19日:青年の日5月24日:連邦の日8月XNUMX日:奴隷制廃止記念日XNUMX月XNUMX日:独立運動の日XNUMX月XNUMX日:独立の日XNUMX月XNUMX日:シモンボリバルの誕生XNUMX月XNUMX日:誕生聖母デルヴァッレと聖母の饗宴...

ベネズエラのインターネットとコミュニケーション

電話によるベネズエラの国際国番号は58、0桁の市外局番(最初の「04」、電話番号は0412桁を含む。「0414」で始まる市外局番(0416、02、0212など)は携帯電話、「0261」で始まる市外局番-たとえば、XNUMX(Caracas)、XNUMX .. ..

ベネズエラの伝統と習慣

白人やクレオールの人々は日常生活(教育、生活、政治、結婚)で先住民やアフロベネズエラ人と混ざり合っているため、ほとんどのベネズエラ人は人種問題に関心がありません。 結果として、「ニグロ」という用語は、誰がそれを言っているのか、誰がこのように言及されているのかとは無関係に使用される可能性があります。

ベネズエラの歴​​史

ベネズエラは、1830年の大コロンビアの崩壊から生まれたXNUMXつの国のXNUMXつでした(他はコロンビアとエクアドルです)。 ベネズエラは、XNUMX世紀前半の大部分で石油事業を推進した軍の有力者によって統治されていましたが、民主的なプロセスが採用されました...

ベネズエラで安全で健康を維持する

ベネズエラで安全を保つベネズエラには、貧困と犯罪の割合がないわけではありません。 ベネズエラは世界で最も殺人率が高い国のXNUMXつです。 スリや強盗は忙しい都市に存在する可能性があるので、注意してください。 主要都市のほとんどの地域は、夜に散歩するのは安全ではありません。

一番人気