6月の金曜日、24、2022

観光地としてのリオデジャネイロ

Magazineに観光地観光地としてのリオデジャネイロ

世界で最もエキサイティングな都市のXNUMXつであるリオデジャネイロは、悲惨さと貧困にもかかわらず、常にサンバをプレイする準備ができている住民を最もよく表す彼の「魂」を除いて、すべてにおいて大きな社会的差異と誇張の場所です。 熱帯雨林と海の間に位置し、生命、音楽、ダンス、コントラストに満ちたリオデジャネイロは、誰もが無関心ではありません。 一方の端には高級ホテルやレストランがきらびやかな通りを提供しますが、わずか数百メートル先にファヴェーラとして一般に知られているスラム街の集落があり、犯罪率が高いため、観光客がたむろすることはお勧めできません。

最も美しい装飾はビーチであり、シュガーローフ、コルコバードのキリスト像、チジュカの森、ブランコ通りなど、数多くのアトラクションがあります。このため、この街は広く知られています。 緑豊かな植生とグアナバラ湾のある魅力的な丘、1500年に発見され、自然の美しさに魅了されたポルトガル人は、すぐにその海に錨を下ろすことに決めました。 ポルトガルの船員がXNUMX月の聖セバスチャンの日に上陸したと信じていたため、ポルトガルの裁判所がすぐにリオデジャネイロデサンセバスチャンという名前の最初の入植者を送った都市。

魔法の丘

- 広告 ​​-

リオデジャネイロには信じられないほどの地形的状況があり、その美しさは主に通りや村を横切って「勝つ」ように誘惑する印象的な丘に見られます。 しかし、これらの丘のXNUMXつで実際に登ると、より美しいシーンが続きます。大西洋岸の真ん中に本物の熱帯林のある街並み、そして大きなワゴンのように「シフト」があなたを待っているからです。交換可能に貧しくて豪華な地域。

したがって、リオのツアーは、スキーリフトで行くことができる最も人気のある710つの丘から正確に開始する必要があります。 ポルトガル語で「後弯」を意味するコルコバードの丘は、高さ1884メートルで、世界最大の都市の森であるチジュカ国立公園の真ん中にあります。 当時のカリオケがこれが観光客を魅了する真の魅力であることに気づいたなら、XNUMX年以来運行されているケーブルカーがXNUMX分間すべての利害関係者を魅了するという事実も言います。 強風を「切り替える」展望台では、すべての面に何百人もの観光客が印刷されているため、見栄えを「盗む」にはまだ多くの幸運があります。

ただし、「賞品」は360度の範囲で街の素晴らしい景色を眺めることができ、その上にブラジルのフリゲート鳥の群れを飛ばす、伸ばした手でそれを含む救世主キリストの記念碑的な像であるため、辛抱強く待つ価値があります。 。 これだけで、リオの最高点であるこの都市が「CidadeMaravilhosa」としても知られている理由が明らかになります-壮大です。 ここから、支柱や有名なコパカバーナを含むリオのすべての湾、ラグーン、ビーチに見えるスタンドがあります。

一方の側は、もう一方の「寄りかかった」岬とそれほど有名ではないイパネマビーチに隣接しており、もう一方の側は、世界で最も有名な丘の396つであるシュガーローフです。 独特の形で有名なこの自然の壁は海の上をうごめくように見えますが、この丘からの眺めは、まず、グアナバラ湾とは異なる視点を提供します。 高さはXNUMXメートルで、街が黄金色になっているので、夕日の最もロマンチックな景色だと言われています。

リオの魂

街の歴史的中心部では、美しい建築物のある活気ある通りが別の側面を明らかにしているため、リオの「鼓動を感じる」ことができます。 地下鉄で行くことができ、訪れるべき通りは確かにシャンゼリゼ通りをモデルにしたXNUMX世紀前に設計されたリオブランコです。 古典主義様式の建物、オペラハウス、国立図書館、美術館を飾っています。 実際には、観光客が到着する前に想像したほど素晴らしいものではありませんが、ビーチは街で最も人気のある場所であり続けています。

- 広告 ​​-

結局のところ、ここでは、リオのカーニバルのトレードマークとなった彫刻されたボディを持つ浅黒い肌の美しさをたくさん見ることができるので、公共の場所で無料で楽しむ最高の機会があります。 実際、23のビーチのXNUMXつでは、何百人もの人々がサンバ、ルンバ、またはポピュラー音楽のリズムを自発的に捉えるオープンタイプの楽しみをいつでも見つけることができます。

コパカバーナ、イパネマ、ボタフォゴ、フラメンゴなど、地元の人々が白い服を着てビーチに集まる新年の夜に輝くビーチ。 各ビーチには遊歩道に独自のパターンがあり、コパカバーナには波状の歩道があります。 自転車、ローラースケート、スケートボードを追いかける若者たちが夜の遊歩道で、おもしろいお土産、ワードローブ、ジュエリーを売る屋台のあるオープンフェアになります。

一番人気