12月(水曜日)14、2022

飛行機の乱気流の最小感

Magazineに旅行のヒント飛行機の乱気流の最小感

飛行機の乱気流は、特に飛行を恐れている人にとっては、まったく心地よいものではありません。 飛行機のすべての部分で等しく震えるわけではないことが知られています。

 「実際、飛行機の真ん中で最も動きが少ないと感じます」と、シュトゥットガルト大学の空気力学研究所のアンドレアス・ストロマイヤー教授は言いました。 飛行機は、翼が胴体に接続されている場所で最も揺れが少ないので、飛行機の中央近くにいる乗客は最も乱気流を感じません。

 飛行機の尾の乱気流が最も感じられます。 パイロットが垂直尾翼を操縦するとき、飛行機の外側のシールドが少し弾力性があるので、飛行機の最後の乗客はそれが動かされたという感覚を持ち、乱気流の間に感覚が強まります。

飛行機の乱気流の最小感

離陸時の状況も同様です。 「飛行機が機首を上げると、飛行機の終わりに、彼らはエレベーターに落ちたような感覚を覚えます」とストロマイヤーは言いました。

通路や窓の近くにいる方がいいですか? これは別の乗客の質問です。 Stromayer氏は次のように述べています。「窓際に座っていると、飛行機が回り始めたときに起き上がったり降りたりする感覚が高まります。」 ただし、飛行機に乗るのが怖い人は、窓際に座って地平線を眺めると、吐き気を和らげることができます。 。 そのため、飛行機の真ん中にある窓際の席が最善の解決策です。

一番人気